東京のベッドタウン|三栄建築設計で思い通りのシナリオになる!

三栄建築設計で思い通りのシナリオになる!

男性と夫妻

東京のベッドタウン

住宅

埼玉県は昔から東京のベッドタウンとして人気のある地域でもあります。そのため、仕事や大学入学などで地方から東京に来たとき、その住居として利用されることが多いです。東京都心に比べると埼玉県は地価が安いため、不動産を借りるにしても買うにしても費用を抑えることができます。しかも、仮に都心に通う場合でも、東京メトロ有楽町線や副都心線の乗り入れが便利になったことで負担がかかりません。また埼玉だけで見ても、マンションや住宅地が密集しているさいたま市や川口市や和光市などでは、駅周辺に商業施設が集まっているため生活やレジャーにも困ることはありません。そのため、埼玉県では不動産の取引が人気になっている地域の一つです。

その埼玉県の不動産を選ぶときは、10月から1月が良いとされています。なぜならば、10月頃から卒業の目途がついたり、就職の内定をもらう大学生も増えてきて、翌年の3月に引越しが決まるケースもあるのです。つまり不動産物件の余白が決まりつつある時期でもあります。一方、2月頃になると東京進学が決まった学生が一斉に賃貸物件を求め始めるからです。そのため、10月頃から空いた良い物件は一番に埋まっていくため、なかなか思うようにいかないことが多いです。1月までならば進路が決まってない学生が多いことから賃貸物件にも余裕があります。そのため、埼玉県で良い物件を見つけるためには、10月から1月の期間に探すのが良いでしょう。